大学を知る

京都先端科学大学

拠点の特徴

  • 企業課題解決
  • 実証
  • テストコース
  • e-モビリティ
  • ワイドバンドギャップ半導体
  • パワーエレクトロニクス
  • センサ&アクチュエータ
  • スマート農業

研究概要

地域課題を解決するための実証スペースを京都亀岡キャンパスに亀岡市と設置します。将来のe-モビリティのための先端ワイドバンドギャップパワーコンバータの開発と実証、化石燃料の消費を削減し地球温暖化を防ぐ電気自動車やドローンに搭載するモータを高効率化する実証研究、地域農業の高度化、機能強化野菜の開発等を行っています。

研究者からのコメント

ナガモリアクチュエータ研究所 的場宏次教授
https://www.kuas.ac.jp/edu-research/profile/hirotsugu-matoba

工学部機械電気システム工学科 アルベルト・カステッラッズィ教授
https://www.kuas.ac.jp/edu-research/profile/alberto-castellazzi

センターによる研究支援体制

研究開発支援

URA、技術員等専門人材によるアドバイスが可能です。

施設・整備

現在計画中です。

研究シーズ例

以下のようなものがあります。

  • ワイドバンドギャップ半導体デバイスの特性評価
  • 新規センサ&アクチュエータ開発
  • 大規模農場における地上センシング・UAVを利用した作物活性情報の抽出と生産管理システムの開発

人材育成

企業の技術者・エンジニア育成のための各種研修や講習、市民、学生向けの新技術等の啓発・普及セミナーを実施しています。

拠点詳細

【拠点名】
京都先端科学大学

【住所】
〒615-8577 京都府京都市右京区山ノ内五反田町18

【HP】
https://www.kuas.ac.jp/

【連絡先】
研究・連携支援センター